ドアチャイム(ボタンでGoogle-homeがしゃべりだす)

KI

Description of work

・作品概要

micro:bit --- PC --- raspberry pi --- Google-home-mini



動作:

・Aボタン

メッセージの送信(Google-homeがしゃべる)



・Bボタン

メッセージの変更



概要:

micro:bitとPCをWeb Bluetoothを利用して接続。

ボタンサービスを利用し、ボタンの状態を監視する。

Javascriptで配列として、メッセージ内容またはmp3のURLを格納し、

Bボタンが押された場合送信されるメッセージの配列の要素を変更。

Aボタンが押された場合はraspberry piあてに、メッセージを値に格納してPOST送信。



raspberry piはngrokとGoogle-notifierを利用してPOSTされたデータを

Google-home-miniで再生する。





・作品の背景

私の部屋(2F)でなんらかの作業中にヘッドホンをつけていると

リビングから家族に呼ばれても聞こえない…



家族はわざわざ呼ぶために上にあがってこなければならない。

私は家族にがみがみと言われてしまう。



それってお互い損。



リビングから簡単に呼ぶことができ、ヘッドホンをつけていても

聞こえる音で通知することが必要になる。



そこで生まれたのが今回の作品

部屋の前でインターホンのように使えるかもしれない…



・使った材料、部材、機材な

・micro:bit

  - Bluetooth(ボタンサービス) 



・PC

  - Google chrome web bluetooth

    (HTML,JavaScript)



・raspberry pi

  - google-home-notifier

  - Voicetext web API

  - ngrok



・Google-home-mini

一応コードも...
https://harigami.jp/cd?hsh=8093843d-ab52-4476-8e48-79de31e09f82

Comment ( 0 )