マイクロビット・メイズ(micro:bit MAZE)

泉保宗也
2018.11.11

Description of work

マイクロビット・メイズ(micro:bit MAZE)





【ストーリー】


悪の組織「ペーパーム」の巨大ロボットアームに支配された迷路の世界から脱出するのがミッション。すでに、巨大ロボットアームのハッキングに成功し、手元の羅針盤型コントローラーで迷路を動かせるようになった。移動用球体「ビーダビークル」に乗って、ゴールを目指せ。

【作品紹介】


ビー玉をスタートからゴールまで転がす「迷路脱出ゲーム」です。マイクロビットを内蔵した羅針盤型コントローラーを操作して、立体迷路を前後左右に傾け、ビー玉を移動させます。迷路は、別のマイクロビットで制御された二軸のロボットアームの先端に取り付けられています。コントローラーの傾きを、内蔵されたマイクロビットの加速度センサーで検出、無線機能でロボットアーム側に送信します。ロボットアーム側のマイクロビットで、2つのサーボモーターを制御して、迷路を前後左右に傾けます。また、迷路はロボットアームから着脱可能なので取り替えて遊べます。

【作品のコンセプト】


「モノづくり」に興味がある子供たちへ向けて・・・この作品の筐体は、すべて「ボール紙・いろ紙」でできています。自らの手を動かして、ボール紙からパーツを切り出すことで「動作原理の理解」「平面から立体になる驚き」「モノづくりの喜び」を感じられるように工夫しています。また、ボール紙なのでカスタマイズも容易に行えます。色を塗ったり、改造したり、自分だけのオリジナル迷路を作ることで、創造力を育みます。(※すでにロボットアームの展開図・作り方は公開しています。)

【主な材料・機器】


micro:bit・・・2台

サーボモーター(SG92R)・・・2台

サーボドライバーボード(KITRONIK-5612)・・・1台

電源ボード(KITRONIK-5610)・・・1台

電池ボックス・・・1個

充電式ニッケル水素電池・・・4本



ボール紙・いろ紙・・・適量

ビー玉・・・1個

Comment ( 2 )