まねき猫の貯金箱修理プロジェクト『超大作』

佐藤成行

Description of work

・作品概要(200文字まで)
 箱の中に割れたまねき猫の貯金箱が入っています。箱の穴から貨幣を入れると、このまねき猫が割れた瞬間と前後のできごとの音をサンプリングして作った曲が流れます。割れてしまったまねき猫の貯金箱ですが、お金を入れるたびに割れた瞬間を再現する楽しい貯金箱として復活しました。
 貨幣を入れるとセンサーで貨幣を感知し、micro:bitがmp3プレイヤーの電源を入れて音楽が鳴ります。

・作品の背景(200文字まで)
 上池袋のシェアスペース「くすのき荘」で行われた、家を叩いて音を出すワークショップの最中に、調子に乗ったくすのき荘の管理人が管理人の奥さんが大切にしていたまねき猫を落下させ割ってしまいました。修理を頼まれたものの大半が捨てられてしまっていたこととその瞬間の音が残っていた為このような形になりました。ちなみにサンプリングして音楽を作ったのは、先程のワークショップを開催したミュージシャンです。

・使った材料、部材、機材など
 割れたまねき猫の貯金箱、micro:bit、ドン・キホーテのmp3プレイヤー、ACアダプター(4.5V)、三端子レギュレーター、フォトインタラプタ、MOSFET、スピーカー、アクリル板、シナ合板、真鍮釘など

Comment ( 0 )